ビクシリンの副作用や服用方法について

ビクシリンカプセルビクシリンとは
ビクシリンを聞いたことがあります。日本での薬名は、ビクシリンとなる大切な成分アンピシリン水和物は、いろいろな細菌を通じて、改善に使われる医薬品です。ジェネリック名のカンピシリンは、同じな成分の後発薬で製薬大手のカディラファーマが製造販売しています。 感染症の原因となっている細菌の細胞壁を壊すことで細菌を死滅させることができ、殺菌作用のある薬となります。 ペニシリン系の抗生物質はβラクタム系に分類することができ、この分類にはセフェム系やモノバクタム系、ペネム系、カルバペネム系などの系統があります。

βラクタム系の症状として半減期が本当に短かいことが挙げられ、時間にすると約1時間ほどと言われており、そのため服用回数を増やす必要があります。ビクシリンは多くの科で使用されるので、幅広い範囲の感染症に効果があるので、呼吸器、皮膚、眼科、婦人科、消化器、歯科、耳鼻科などで使用されます。また剤形がカプセルタイプの他にも小児用としてドライシロップ剤があります。

ビクシリンの副作用
ビクシリンは細菌を殺菌する効き目を持つ薬で、細菌性の全部の症状に対して利用されます。

中心として使われているのは耳鼻科や呼吸器科ですが、淋病による尿道炎などに対しての治療薬として使われるケースもあります。

ペニシリン系の抗生物質の中では安全性が高いですが、まれにアレルギーのような症状が起きることもあります。

ビクシリンは子供でも服用できる薬で、シロップ用の細粒タイプの薬もあります。

ビクシリンのような抗生物質を使うときには、アレルギーの人は特に注意が必要ですが、それと同時に副作用としてよく見られるのが下痢です。

特に小児は大人よりも便が柔らかくなりやすい傾向があるため、下痢になりやすいと言われています。

この副作用はペニシリンの抗菌作用によって腸内細菌のバランスが乱されてしまうために起こります。

ビクシリンカプセルの服用方法
ビクシリンカプセル250mgは、いろいろな細菌が原因で発症する感染症の治療楽です。ペニシリン系の抗生物質で、細菌の死亡壁の合成を抑えることで、殺菌的に作用します。耳鼻科や皮膚科、呼吸器科など幅広い領域で使われており、有効成分のアンピシリン水和物が1カプセル中に250mg含まれています。

カンピシリン500mgはペニシリン系の抗生物質です。

服用され際は必ず医師の指示に従い正しく使用してください。

成人の場合、1日1回250mg~500mgを4~6回に分割服用してください。

年齢や症状によって適宜増減することができますが、必ず医師にご相談ください。

成人健康に対しておすすめ情報:ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリス解説するWiki

2016年10月18日